【引越し節約術】一人暮らしの強い味方!お得な単身パックについて

【引越し節約術】一人暮らしの強い味方!お得な単身パックについて

 

一人暮らしや、単身赴任の引越しでしたら、お得な「単身パック」や「単身プラン」を利用できるかもしれません。

 

もし条件に合うなら、検討してみてはいかがでしょうか?

 

引越しの「単身パック」とは?

 

単身パックというのは、ひとりの引越しを想定したプランで、荷物が少ない人向けの格安プランです。

 

規定のサイズのコンテナボックスがあって、それに入るだけの荷物を運搬してもらえるというサービスになります。

 

引越し単身パックは規定のサイズのコンテナボックスを使う

 

コンテナボックスのサイズは引越し業者ごとに違います。

 

なので、実際に利用する引越し業者に正確なサイズを問い合わせないといけませんが、おおざっぱな寸法は次の図のようなイメージです。

 

ダンボールとコンテナボックスの大きさの目安

 

ダンボール箱の大きさも、いろんなサイズがあるので一概に言えません。上記の寸法もあくまで目安と考えてください。

 

 

もし、コンテナボックスにダンボール箱だけを入れるとすれば、大小合わせて30箱くらい入れられるかなという感じですよね。

 

ですが実際には、布団、テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、掃除機なども入れないといけないので、ダンボール箱は10箱くらいしか入らないかもしれません。

 

つまり、単身パックを利用できるのは、「めちゃくちゃ荷物が少ない人」と考えてください。

 

単身パックが安くなる理由
  • 営業マンが見積もりしに来ない
  • ダンボールの無料サービスがない
  • コンテナボックスごと運ぶので作業が楽

 

単身パックなら荷物をコンテナボックスごと運ぶので、荷物が途中で行方不明になるリスクがありません。コンパクトなプランならではのメリットですね。

 

引越しの「単身プラン」とは?

 

単身プランというのは、コンテナボックスには荷物が入りきれないけれど、ファミリー向けのプランを利用するまでもないという人用のプランです。

 

軽トラック1台で運べるくらいの荷物の量と考えてください。

 

先ほどの単身パックだと、もしも荷物がコンテナボックスに入りきれなかった場合に追加料金が発生してしまいます。

 

入りきれなかった荷物は、コンテナボックスとは別便で、宅配便みたいな感じで運ばれると考えてください。

 

単身パックにはそういったリスクがあるので、コンテナボックスに積みきれるかどうか自信がないときは「単身プラン」を選んでおいたほうが無難かもしれません。

 

ただし、単身プランは軽トラックでの運搬を想定しているので、遠距離の引越しでは利用できなかったりします。

 

引越し業者によっては「長距離対応単身プラン」を用意している場合もあるので、比較検討してみるしかありません。

 

 

ということで・・・

 

「単身パック」にするか? 「単身プラン」にするか?

 

もし一人暮らしで引越しするなら、単身パックや単身プランを利用すると安くなる可能性があります。

 

コンテナボックスに絶対に積みきれるという自信があるなら迷わず「単身パック」がおすすめです。

 

一方で、コンテナボックスに積みきれる自信がないけど、荷物はそんなに多くないなら、「単身パック」を選んでください。

 


おすすめの見積もり比較サイト & 節約術

迷惑電話なし! 一括見積もりBEST3
引越し侍 SUUMO引越し ラクっとNAVI

※引越し侍は「ネット比較」なら電話なしです。
※SUUMOは電話番号を入力せず申し込めます。
※ラクっとは窓口一本化で迷惑電話なしです。

引越し業者を選ぶときは、安さと信頼性のバランスを見極めることが大切です。相見積もりをとって比較するなど、後悔しない引越しのための注意点を教えます。

見積もり比較の3つのポイント≫


見積もり比較で引越し費用を24万円安くしたときの体験談

東京→福岡の長距離引越しをしたときの体験談。いったいいくらかかるのか不安でいっぱいでしたが、価格交渉したおかげで約24万円の節約に成功しました。

我が家の引越し体験談≫


このページの先頭へ戻る