引越し業者を比較するときに注意すべきポイントは何ですか?

引越し業者を比較するときに注意すべきポイントは何ですか?

 

引越し業者は世の中に数え切れないほどたくさんあります。

 

たとえば、サカイ引越センター、アート引越センター、引越しのダック、アリさんマークの引越社などなど…

 

中小の引越し業者も合わせると、数千社もあるといわれているほどです。

 

そんな中から、あなたにピッタリの引越し業者はどれかなんて、正直言ってよくわからないですよね?

 

そこで、このページでは、引越し業者を比較するときに注意すべきポイントについて説明します。

 

ポイントを押さえて比較すれば、あなたにピッタリの引越し業者がきっと見つかりますよ。

 

 

比較ポイント1 ネットでの口コミ・評判はどうか?

 

引越し業者を比較するとき、多くの人がやってるのが口コミのチェックです。

 

たとえば、ツイッターやフェイスブック、個人ブログなどをチェックして、引越し業者の口コミをいろいろ見て回るわけです。

 

ただし注意したいのが、ネット上の口コミ・評判というのは、信ぴょう性の疑わしいものも多いというところ。

 

たとえば、(こんなことはないと信じたいですが)サカイ引越センターの社員が、アート引越センターの悪口を書いたりすることがないともかぎりません。

 

もちろん、その逆もないともかぎりません。

 

そんなことはないと思いますが、あるかもしれないわけです。

 

他にも、何らかの意図を持った個人や企業が、信ぴょう性の低い口コミ・評判を流しているというのもありえます。

 

ネットはとても便利なものですが、正しい情報とウソの情報を自分で見極めることができないと判断を間違えてしまいます。

 

なので結論ですが、ネット上の口コミ・評判は、あくまで参考程度にするのが賢いやり方です。

 

全部鵜呑み(うのみ)にしてはいけません。

 

一番いいのは、それぞれの引越し業者の営業担当者と実際に話をしてみて、自分の目で、耳で、肌感覚で良し悪しを感じることではないでしょうか?

 

比較ポイント2 便利な引越しプランを用意してるか?

 

引越し業者はそれぞれ、独自の「プラン」をいろいろ用意しています。

 

そういったプランを利用すれば、費用を安くおさえることができたり、引越しの作業を楽にできるかもしれません。

 

それぞれの引越し業者のプランを比較することで、あなたにピッタリの引越し業者が見つかる可能性がありますね。

 

ちなみに、引越し業者のプランには、たとえば次のようなものがあります。

 

  • セルフプラン
  • おまかせプラン
  • ハーフプラン
  • 単身プラン
  • 学割プラン
  • フリープラン
  • シニアプラン
  • レディースプラン

 

もしも、あなたが学生さんなら、学割プランをやってるかどうかチェックすると、引越し費用を安くできるかもしれません。

 

あるいは、一人暮らしの引越でしたら、単身プランをやってる引越し業者を選ぶとお得になると思います。

 

小さなお子さんのいるご家庭でしたら、荷造りなどの引越しの準備は、ある程度おまかせしてしまったほうがいいかもしれません。

 

それぞれのご家庭の状況に合わせて、便利なプランが用意されている引越し業者を選ぶといいでしょう。

 

比較ポイント3 ダンボールを無料で何箱くれるか?

 

最近は、ダンボールを無料でくれる引越し業者が増えてきてます。

 

ですが、中小の引越し業者などでは、ダンボールが有料になってるケースがあるかもしれません。

 

なので、引越し業者を比較するときには、ダンボールを無料でもらえるかどうか聞いてみてください。

 

 

特に、ダンボールが何個まで無料でもらえるかは比較ポイントです。

 

たとえば、家族3人の引越しだと、ダンボールが大小合わせて最低でも50箱くらいは必要になると思います。

 

一般的な引越し業者なら、50箱くらいは無料でくれたりしますが、なかには30箱くらいしか無料でくれずに、あとは有料でってなるケースもありえます。

 

もちろん、引越し費用トータルで安ければ問題ないという意見もあるでしょう。

 

ですが、ダンボールを無料でくれないというのは、その引越し業者の「サービス精神のレベルが低い」ことを表してる可能性があるわけです。

 

ダンボールだけの話ではなくて、荷物の運搬などのすべてに影響するかもしれないわけです。

 

なので、引越し業者を比較するときには、ダンボールが無料かどうか、何個まで無料になるかを聞くようにしてください。

 

比較ポイント4 不要品の処分を無料でやってくれるか?

 

引越しというのは、いわゆる「断捨離(だんしゃり)」の大チャンスです。

 

古くなった家具や、冷蔵庫、洗濯機などは、この際処分してしまうというのもとてもいいことだと思います。

 

ただし、こういった大型の不用品というのは、処分するにもお金がかかります。

 

もしも、引越し業者がサービスで処分してくれるなら、こんなにありがたいこともありません。

 

なので、引越し業者を比較するときには、ダメ元で「この家具、サービスで処分してもらえますか?」などと聞いてみましょう。

 

聞くだけならタダなので、ダメ元で聞いてみればいいわけです。

 

もしも「引越し業者A」が無料で処分してくれると言ってくれたなら、「引越し業者B」に「A社さんは処分してくれるそうなんですが」と言ってみましょう。

 

ライバルの存在を意識させれば、不用品を無料で処分してくれる可能性が高まります。

 

比較ポイント5 お得なキャンペーンをやってるか?

 

引越し業者を比較するときには、お得なキャンペーンをやってないかチェックしてみるのもいいと思います。

 

引越し業者のキャンペーンには、たとえば次のようなものがあります。

 

  • インターネット割引キャンペーン
  • 引越し待ち割キャンペーン
  • ○○プレゼントキャンペーン
  • 新春キャンペーン
  • お友だち紹介キャンペーン
  • 早割キャンペーン

 

これらはほんの一例なんですが、金額が安くなる(お得になる)といったキャンペーンであったり、何か商品をもらえるキャンペーンだったりが多いです。

 

あるいは、不用品を処分してくれたりといったキャンペーンを期間限定でやってたりすることもあるので要チェックですね。

 

キャンペーンの有無で引越し業者を選ぶというのはちょっと違う気もしますが、プラスアルファの比較ポイントとして考えるといいかもしれません。

 

関連記事

引越し業者によっては、なんらかのキャンペーンを実施してることがあります。(実施してない業者の方が多いですが)キャンペーンの有無だけで引越し業者を選ぶの…

引越し業者のキャンペーンについて≫

 

比較ポイント6 実際の見積もり価格はいくらか?

 

引越し業者を選ぶときの最大のポイントは、やはり「実際の見積もり価格」ではないでしょうか。

 

いくらキャンペーンをやってたとしても、いくらダンボールが無料でも、トータルの見積もり価格が高かったら選択肢に入ってきません。

 

サービス内容がしっかりしていて、ある程度知名度のある信頼性の高い引越し業者であるなら、なるべく安い引越し業者を選びたいものです。

 

大切なことは、複数の引越し業者に見積もりを出してもらって、それらをしっかり比較することです。

 

めんどくさがって、たとえば「サカイ引越センターだけ」といったことは絶対にやめてください。

 

足元を見られて、相場価格よりも割高な費用を請求される危険性があります。

 

見積もりを集めるには、一括見積もり比較サイトを利用するのが手軽で便利です。

 

なるべく5〜10社くらいの引越し業者から見積もりを取り寄せて、費用とサービス水準の比較をするようにしてください。


おすすめの見積もり比較サイト & 節約術

迷惑電話なし! 一括見積もりBEST3
引越し侍 SUUMO引越し LIFULL引越し

※引越し侍の「ネット比較」は電話なし
※SUUMOは電話番号不要

引越し業者を選ぶときは、安さと信頼性のバランスを見極めることが大切です。相見積もりをとって比較するなど、後悔しない引越しのための注意点を教えます。

見積もり比較の3つのポイント≫


見積もり比較で引越し費用を24万円安くしたときの体験談

東京→福岡の長距離引越しをしたときの体験談。いったいいくらかかるのか不安でいっぱいでしたが、価格交渉したおかげで約24万円の節約に成功しました。

我が家の引越し体験談≫


このページの先頭へ戻る