【引越しの手続き2-2】車検証

車検証

説明・解説 備考
時期・期限

引越ししてから15日以内

 

手続方法

新住所の管轄の陸運局(普通自動車の場合)・軽自動車検査協会(軽自動車の場合)で、「申請書(OCRシート)」、「自動車税申告書」、「手数料納付書」を提出します。これらの書式は、窓口でもらってください。

 

必要なもの
  • 自動車検査証(※車検証)
  • 自動車保管場所証明書(※車庫証明書、警察署で発行されて1か月以内のもの)
  • 新住所を証明する住民票など(※発行後3か月以内のもの)
  • 印鑑(※認印で可)

 

アドバイス

▼先に「車庫証明」の変更手続きを行いましょう。

 

▼手数料納付書に貼る印紙は、陸運局で販売されています。手数料は、地域によって変わる可能性がありますが、一般に500円以内ですむイメージです。

 

▼管轄の陸運局が変わる場合はナンバープレートも変更します。ナンバープレート変更が必要な場合は、別途2,000円程度必要になります。

 

▼詳しくは、該当の陸運局のホームページを参照してください。

 

おすすめの見積もり比較サイト & 節約術

迷惑電話なし! 一括見積もりBEST3
引越し侍 SUUMO引越し LIFULL引越し

※引越し侍の「ネット比較」は電話なし
※SUUMOは電話番号不要

引越し業者を選ぶときは、安さと信頼性のバランスを見極めることが大切です。相見積もりをとって比較するなど、後悔しない引越しのための注意点を教えます。

見積もり比較の3つのポイント≫


見積もり比較で引越し費用を24万円安くしたときの体験談

東京→福岡の長距離引越しをしたときの体験談。いったいいくらかかるのか不安でいっぱいでしたが、価格交渉したおかげで約24万円の節約に成功しました。

我が家の引越し体験談≫


このページの先頭へ戻る