軽トラで自分で引越しする予定ですが、荷物を載せきれるでしょうか?

軽トラで自分で引越しする予定ですが、荷物を載せきれるでしょうか?

 

軽トラの荷台は長さ2メートル×幅1.5メートル程度です。あまり大きいスペースではありません。

 

なので、冷蔵庫やタンスなどの大きい荷物の寸法を測ってみて、載せられそうかどうか紙に描いてみてください。

 

ダンボールなども何個くらい必要か事前に考えてみてください。ちなみに、ダンボールのサイズは次のようになります。

 

  • ダンボール(大) 幅53cm×奥36cm×高30cm
  • ダンボール(小) 幅42cm×奥33cm×高30cm

 

ダンボールは重ねることもできますが、高く重ねると、運搬中に荷崩れしてしまう危険性があります。

 

どのような積み方をするかも事前に考えておきましょう。

 

当日になって「載せられなかった!」じゃ困るので、ちょっとめんどくさいですが、紙に描いてシミュレーションしておくことをおすすめします。

 

近場の引越しなら2〜3回往復するのもあり

 

もし近場での引越しなら、2〜3回往復するつもりでスケジュールを立ててもいいかもしれません。

 

そのくらいの余裕があるなら、わざわざシミュレーションする必要もないでしょう。ぶっつけ本番でいいと思います。

 

 

いずれにしても、とりあえずレンタカー屋に電話して、軽トラの荷台の寸法を教えてもらいましょう。

 

荷台の正確な寸法がわかったら、自分の荷物の寸法を正確に測って、載せきれるかどうかを紙に描いてシミュレーションしてください。

 

 

1回で運びきれるのか、2〜3回に分けないと運びきれないのか、あるいはもう少し大きなトラックが必要なのか?

 

レンタカーの費用の問題や、当日使える時間的な問題もあるでしょう。

 

そういった不安要素を解決してから引越し当日を迎えることをおすすめします。何事もそうですが、事前準備が成功のカギです。

 


引越し費用は見積もり比較で安くなる!


引越し前に読んでおきたい関連記事

引越し費用を安くする方法を教えます

引越しの費用は4つの要素の合計で決まります。つまり、これら4つをひとつひとつ安くできれば、お得に引っ越しできるわけです。具体的な手順を見ていきましょう!

引越し費用の節約術≫

見積もり比較で引越し費用を24万円安くしたときの体験談

東京→福岡の長距離引越しをしたときの体験談。いったいいくらかかるのか不安でいっぱいでしたが、価格交渉したおかげで約24万円の節約に成功しました。

我が家の引越し体験談≫


このページの先頭へ戻る