<手順5>チェックリスト付き!公的機関等に転出届を出す

<手順5>チェックリスト付き!公的機関等に転出届を出す

 

引越し日時が決定したら、市町村役場などの公的機関等に連絡しましょう。

 

引越し直前になるとバタバタするので、なるべく早めに連絡してください。

 

引越しが決まったら! 連絡先のリスト

 

ここで、引越しに関連して連絡すべき代表的なところをリスト化しておきます。

 

人によってはこれら以外にも連絡すべきところがあると思います。連絡し忘れることのないように、自分なりのチェックリストを用意してください。

 

転出届

旧住所の市区町村役場
転出予定日の14日前から

転入届

新住所の市区町村役場
引越しから14日以内

国民年金

新住所の市区町村役場
期限の決まりは特になし

印鑑登録

新住所の市町村役場
必要なとき

ペットの登録

新住所の市区町村役場か保健所
期限の決まりは特になし

運転免許証

新住所の運転免許試験場か警察署の運転免許窓口
期限の決まりは特になし

車検証

新住所の管轄の陸運局(普通自動車の場合)・軽自動車検査協会(軽自動車の場合)
引越ししてから15日以内

車庫証明

新住所の管轄の警察署
期限の決まりは特になし

郵便局

最寄りの郵便局
なるべく早めに(※引越し前でも後でも可)

水道

旧住所の都道府県の水道局に転出届
新住所の都道府県の水道局に転入届
なるべく早めに(※引越し前の1週間程度が目安)

電気

旧住所を管轄する電力会社に転出届
新住所を管轄する電力会社に転入届
なるべく早めに(※引越し前の1週間程度が目安)

ガス

旧住所を管轄する管轄するガス会社に転出届
新住所を管轄する管轄するガス会社に転入届
なるべく早めに(※引越し前の1週間程度が目安)

NHK

ホームページから手続き
期限の決まりは特になし

電話

各電話会社に電話で連絡するか、インターネットから手続き
期限の決まりは特になし

インターネット

光回線の事業者(NTT)
工事が必要になることがあるので早めに

金融機関

銀行、郵便局、生命保険、自動車保険、クレジットカードなど
ネットで登録情報を変更、担当者に電話で連絡、窓口で手続
なるべく早めに

 


【特集】引越し費用を安くする方法

引越し費用を安くする方法を教えます

引越し業者の言いなりに契約して、損してしまう人がいます。この人は残念ながら「負け組」です。一方で、賢く節約してお得に引っ越しする人もいます。この人は「勝ち組」です。あなたはどっちがいいですか?

引越し費用を安くする方法とは? ≫


このページの先頭へ戻る