【引越し体験談7-2】見積もりを比べてみたもののどの業者も高い

【引越し体験談7-2】見積もりを比べてみたもののどの業者も高い

 

条件は家賃が5万円以内、2階以上、角部屋、駐車場付き、室内洗濯機置場、日当たり良好、2DK以上、エアコン付き、場所は二人の勤務地の間くらいで探してもらいました。

 

条件が厳しめだったので、なかなかこれといった物件に出会えませんでしたが、物件をいろいろ見に行くこと自体が楽しかったです。

 

最終的にエイブルで、ここがいい! ここに住みたい! と思える物件に無事出会えました。

 

 

いざ物件を決めて、さあ引越し! というときに引越し業者を決めることにも悩みました。契約金に思ったよりお金が必要だったため、できるだけ引越し費用を安くおさえたかったからです。

 

頭に浮かぶ、CMでよく見るような有名な業者をいくつかネットで調べて、見積もり価格を比べてみました。でもどこも高くて…

 

 

そこで何度か引越を経験している友人に相談してみました。 すると聞いたことがない便利屋さん(?)のような業者を使ったとのことでした。

 

ここは引越しの場合いくらという費用計算法ではなく、かかった時間でお金を払うものでした。

 

 

問い合わせてみたところ、一度見積もりに来るとのことでした。

 

家に来てもらっての見積もり結果は「軽トラ1台作業員1人1時間3千円で、2人作業員が来る予定なので、この量と距離なら1万2千円くらいになりますかね」といわれました。

 

できれば1万円以下でおさめたかったので、そのことを伝えると「できるだけ頑張りましょう」と言っていただきました。

 

 

業者を決めてからは荷物整理、断捨離に奮闘する日々が続きました。1Kの部屋にこんなにものがあったのかというくらいゴチャゴチャでした。

 

はじめのうちはこれはおいておきたい…これも思い出だし…というものが多く、なかなか捨てられませんでした。

 

 

しかし整理していくうちにスイッチが入り、バンバンものを捨てることができるようになりました。今考えるとあれは残しておけばよかったというものまで捨ててしまいましたが…

 

 

着ることがほとんどなかったきれいな・・・(次のページに続く)

 


【特集】引越し費用を安くする方法

引越し費用を安くする方法を教えます

引越し業者の言いなりに契約して、損してしまう人がいます。この人は残念ながら「負け組」です。一方で、賢く節約してお得に引っ越しする人もいます。この人は「勝ち組」です。あなたはどっちがいいですか?

引越し費用を安くする方法とは? ≫


このページの先頭へ戻る