引越し業者のトラックを路駐させるのは問題ないのでしょうか?

引越し業者のトラックを路駐させるのは問題ないのでしょうか?

 

道路交通法的に「駐車してはいけない場所」というのがあります。たとえば、次のような場所です。

 

  • 駐車禁止標識や標示のある部分
  • 駐車場、車庫等の出入口から3メートル以内の部分
  • 道路工事の区域の側端から5メートル以内の部分
  • 消防用設備から5メートル以内の部分

参考 警視庁ホームページ

 

その他にも、緊急車両が通れないような状態で道路を専有するのもダメです。

 

車両をすぐに動かせない状態で5分以上駐車するのもダメです。

 

近隣住民に迷惑となる場所に駐車するのももちろんダメで、クレームを受けてトラブルに発展する危険性もあります。

 

常識的に考えて不安な場合には、引越し業者に確認すること

 

なので、トラックを止めるスペースについて気になる場合には、引越し業者の営業マンに事前に伝えるようにしてください。

 

最近はグーグルマップのストリートビューなどで現地の状況を見れるので、「こんな状況ですけどどうでしょう?」と相談してみてください。

 

きちんと伝えておきさえすれば、あとは専門家が適切に判断してくれます。あなたが悩む必要はないです。

 

ちなみに、もし道路交通法的に問題がありそうな場合には、事前に「駐車許可証」をもらっておけば大丈夫な場合があります。

 

駐車許可証は、その地域の警察署に申請すれば発行してもらえます。その日時に、所定の場所に駐車する許可をもらっておけば、何かあっても安心です。

 

もちろん、警察署への申請は引越し業者がやるので、あなたが何かする必要はありません。

 

こういったことも、不安なら、事前に引越し業者の営業マンに確認しておくといいでしょう。

 

セルフ引越しのときには大家さん等に確認しておくと安心

 

引越し業者に荷物の運搬を依頼するときは、引越し業者におまかせで大丈夫だと思います。

 

彼らもプロなので、適切に判断して、適切な対応をしてくれるはずです。

 

 

一方で、軽トラックを借りるなどして自分で引越しをする場合には、路駐して問題なさそうかどうか確認したほうがいいですね。

 

たとえば、不動産屋さんや大家さんに、「前の道路脇に止めて大丈夫ですか?」「他の人はどうしてますか?」と聞いてみるのもいいでしょう。

 

近くにコインパーキングなどあるときは、そこを利用したほうがいいケースもあるかもしれません。

 


【特集】引越し費用を安くする方法

引越し費用を安くする方法を教えます

引越し業者の言いなりに契約して、損してしまう人がいます。この人は残念ながら「負け組」です。一方で、賢く節約してお得に引っ越しする人もいます。この人は「勝ち組」です。あなたはどっちがいいですか?

引越し費用を安くする方法とは? ≫


このページの先頭へ戻る