【引越し体験談1-3】大きな荷物はどこに置くか決めておくとよい

【引越し体験談1-3】大きな荷物はどこに置くか決めておくとよい

 

引越し前日までに、すべての荷物をダンボール箱に入れ、当日は、最後に布団ややかんなどを梱包し、引越しスタッフが来るのを待っていました。

 

朝、スタッフが部屋に入ると、すべて荷造りが終わっていたので、驚かれました。

 

たいていの人は、当日になっても荷造りが終わらず、スタッフが手伝うはめになり、引越しが終わるのに夜中までかかったりするそうです。

 

 

荷物は、2人のスタッフが手際よくトラックに積み込んでくれました。さすがプロのスピードは違います。

 

私は、下手に手伝うとじゃまになると思い、家具をどかした後のホコリを掃除機で吸い取り、おおざっぱに部屋の掃除をしました。

 

退去時に部屋をきれいにするのがマナーと思いますし、敷金も、若干多く戻ってくるかもしれないと思います。

 

荷物運びは引越し業者のスタッフに任せて、自分は自分にしかできないことをやる。特に掃除はしっかりやったほうがいい。

 

荷物は、だいたい2時間くらいでトラックに積み込めたように思います。その後、埼玉県から茨城県まで、スタッフといっしょにトラックで移動しました。

 

震災直後でしたが、引越し先までは、かろうじて道路が通行できました。引越し先から北は、まだ復旧していませんでしたので助かりました。

 

いつもより混んでいたかもしれませんが、夕方には引越し先に到着し、荷物の積み下ろしもすぐに終わりました。

 

 

引越し先の部屋の見取り図に、だいたいの家具の配置を描いて、スタッフに見せて、その通りに配置してもらいました。

 

大きな家具や家電は、一度配置を決めてしまうと、あとで移動させるのが面倒だからです。

 

大きな家具は部屋のどこに置くかをあらかじめ決めておくとよい。配置図などでわかりやすくしておくと、二度手間にならずに効率的。

 

こうして、電気ガス水道も使えるようにし、夜には一段落ついて、無事に引越しが終了しました。

 

引越しで破損したものは、ほとんどありませんでした。しいて言えば、ベッドを解体して運んでもらったのですが、その部品のひとつがなくなっていました。

 

それほど重要な部品でもなかったのですが、あとでベッドのメーカーに連絡したら、無料でくれたので、特に大きな問題は起こりませんでした。

 

 

時間に余裕があれば、荷物の整理や不用品の廃棄などもしたかったのですが、東日本大震災という不測の事態が起こったのでしかたありません。

 

とにかく予定の日に、無事に引っ越すことを最優先に考えて、予定を組み、大筋でうまくいったと思います。

 

 

また、一度引っ越すと、なかなか不満があるくらいで引っ越せないので、最初に不動産業者を複数回って、より理想に近い物件を選んでよかったと思います。

 

雪の中、長距離を行き来して大変でしたが、引越したあとに毎日不便な思いをするよりも、最初に頑張って探す方が楽です。

 

 

生まれて26年間一度も・・・(次ページに続く)

 


【特集】引越し費用を安くする方法

引越し費用を安くする方法を教えます

引越し業者の言いなりに契約して、損してしまう人がいます。この人は残念ながら「負け組」です。一方で、賢く節約してお得に引っ越しする人もいます。この人は「勝ち組」です。あなたはどっちがいいですか?

引越し費用を安くする方法とは? ≫


このページの先頭へ戻る