【引越し体験談2-2】今回、費用を安くできた2つの理由とは?

【引越し体験談2-2】今回、費用を安くできた2つの理由とは?

 

まず見積もり訪問にきたのは地域の引越し業者で、10分ほど部屋を見てササッと見積もりを作ってくれました。

 

もともとあまり大きな家具・家電もなく、荷物もそこまで多くはなかったので4万7千円ほどの見積もり金額でした。

 

想像していたよりも安くすんだので、安心しつつもそのすぐ後にアート引越センターも見積もりに来ました。

 

 

見積もりを取った人全員にプレゼントしているという新生活セット(洗濯洗剤、食器用洗剤、ファブリーズのセット)をいただき少し得した気分でした。

 

同じくササッと部屋を見終えて、提示された金額は5万円ほどだったと記憶しています。

 

しかし、「すぐに引越し業者を決めるつもり」「相見積もりをとっている」と伝えたところ、「他の業者の見積もり表を見せてもらえますか?」とのこと。

 

これは期待できるかも、と思い先ほど地域の引越し業者が作ってくれた見積もり表を見せるとなんと4万円にまで引越し料金が下がったのです。

 

 

即アート引越センターに決めたのは言うまでもありません。

 

 

引越し料金を安くできた理由は、相見積もりを伝えたという点もありますが、それと同時に時間を指定しないプランを選択したのも大きかったと思います。

 

私がイメージしていた引越しは○日の○時にうかがいます、というものでした。

 

しかし今回の引越しでは○日に先にうかがう家の引越しが完了し次第、その後にうかがいますというざっくりとしたタイムスケジュールでした。俗に言う「相乗り」という引越し方法だそうです。

 

この事例で引越し料金を安くできたポイントは2つ。ひとつは「見積もり比較をしてから決める」ことをハッキリ伝えたこと。そしてもうひとつは「引越し業者の都合に合わせたプラン」を選んだこと。

 

引越し当日、私たちのもとに来た引越しトラックには先に引越し作業を行った他の人の荷物が積まれていました。

 

そこに私たちの荷物を乗せるので、業者としては車と人員の節約ができるということで引越し代金も安くなる、というもののようです。

 

 

荷物が混ざって無くなってしまうこともあるという口コミも見ましたが、私たちの引越しに関してはそのようなことはありませんでした。

 

見積もりの際に来た営業スタッフに質問したところ、混ざらないように工夫をするので大丈夫との回答でした。

 

 

引越し先の家も社宅のため、新しい家を探す苦労はそこまでありませんでした。

 

希望の社宅を3つほどピックアップし、休日に見に行き、第一希望から第三希望までを決めて会社に必要書類を提出しました。

 

 

第一希望の駅近の物件は残念ながら・・・(次のページに続く)

 


【特集】引越し費用を安くする方法

引越し費用を安くする方法を教えます

引越し業者の言いなりに契約して、損してしまう人がいます。この人は残念ながら「負け組」です。一方で、賢く節約してお得に引っ越しする人もいます。この人は「勝ち組」です。あなたはどっちがいいですか?

引越し費用を安くする方法とは? ≫


このページの先頭へ戻る