引越し時期に合わせた見積もり比較の最適なタイミングは?

引越し時期に合わせた見積もり比較の最適なタイミングは?

 

引越しするなら、なるべく安く、お得に引越ししたいもの。

 

そのためには、複数の引越し業者から見積もりを集めて、お値段やサービス内容を比較する「ひと手間」が欠かせません。

 

とはいえ、ついつい後回しにしがちな見積もり比較…

 

実際のところ、引越業者の見積もり比較は、いつごろまでにやるのがいいのでしょうか?

 

 

見積もり書の有効期限は1〜3ヶ月程度

 

引越し業者が出してくれる見積もりには、じつは「有効期限」があります。

 

たとえば、こちらはサカイ引越センターの実際の見積書ですが…

 

サカイ引越センターの見積書

 

有効期限がたったの1ヶ月しかありませんね。

 

つまり「急いで決めてください!」といった意味だと思います。

 

次は、アート引越センターの実際の見積書。

 

アート引越センターの見積書

 

こちらは、有効期限が3ヶ月となってますね。

 

ついでに、アリさんマークの引越社の実際の見積書も見てみましょう。

 

アリさんマークの引越社の見積書

 

こちらも、有効期限は3ヶ月と明記されています。

 

今回は3社しかチェックしていませんが、おそらくどこも似たような感じではないでしょうか。

 

なので、引越し予定日が決まっているなら、3ヶ月を切ってきたあたりから見積もり比較をやっていくタイミングと言っていいでしょう。

 

引越しの繁忙期は3月&4月!希望日時に予約がとれないケースも

 

引越し業者の繁忙期は3月と4月です。

 

もう少し細かく言うなら、3月中旬から4月上旬はものすごいピークとなります。

 

もしこの時期にあなたも引越しを予定しているなら、早め早めで引越し業者を押さえておかないと本当にまずいです。

 

この時期、いわゆる「引越し難民」のニュースを見たことはないですか?

 

あまりにもお客さんが集中するため、作業員が確保できない、トラックも余ってないという状況で、ほんとに引っ越しできなくなってしまうわけです。

 

ヘタすると、2〜3週間待たされるなんて話もよく聞きます。

 

お仕事で急いで引越ししなくちゃいけないのに…

 

たとえば、お父さんだけ先に行って、なにもない寂しい部屋で2〜3週間生活しなくちゃいけないなんてことになったら大変です。

 

布団もないので、寝袋を用意するか、ホテルにでも泊まるか、いずれにしても大変です。

 

そんなことにならないためにも、3月4月の繁忙期に引越しが決まったなら、1分でも1秒でも早く見積もり比較の依頼をしてください。

 

見積もり比較に最適な時期は引越しが決まったらすぐ!

 

ということで結論ですが、見積もり比較に最適な時期は、「引越し予定日の3ヶ月以内でなるべく早く!」ということになります。

 

引越し業者によっては、いわゆる「早割(はやわり)」というタテマエで、割引キャンペーンをやってるところもあります。

 

なので、できるだけ早めに見積もり比較をやったほうが、安くお得に引っ越しできる可能性が高まります。

 

急に引越しが決まった場合もあきらめない!

会社の転勤って、ギリギリになって突然言われたりすることも多いですよね。

 

そうなると、早め早めと言っても限界があるでしょう。

 

そんなときこそ、「見積もり比較サイト」を使うことをおすすめします。

 

複数の引越し業者をまとめて紹介してくれるので、ギリギリ空きのある引越し業者が見つかるかもしれません。

 

引越しって、都合が変わってキャンセルする人もいるので、意外とギリギリでもOKな場合が出てきます。

 

そういったラッキーも期待できるので、あきらめずに「見積もり比較サイト」を利用してみてください。


おすすめの見積もり比較サイト & 節約術

迷惑電話なし! 一括見積もりBEST3
引越し侍 SUUMO引越し ラクっとNAVI

※引越し侍は「ネット比較」なら電話なしです。
※SUUMOは電話番号を入力せず申し込めます。
※ラクっとは窓口一本化で迷惑電話なしです。

引越し業者を選ぶときは、安さと信頼性のバランスを見極めることが大切です。相見積もりをとって比較するなど、後悔しない引越しのための注意点を教えます。

見積もり比較の3つのポイント≫


見積もり比較で引越し費用を24万円安くしたときの体験談

東京→福岡の長距離引越しをしたときの体験談。いったいいくらかかるのか不安でいっぱいでしたが、価格交渉したおかげで約24万円の節約に成功しました。

我が家の引越し体験談≫


このページの先頭へ戻る