大切なプラモデルが引越しの運搬中に壊れないか心配なのですが…

大切なプラモデルが引越しの運搬中に壊れないか心配なのですが…

 

プラモデルはひとつひとつ手作りですし、コレクターの方にとってとても大切なものだと思います。

 

時間をかけて作り上げたものだからこそ、引越しで壊れたりしたら大変です。しっかり対策・準備することが大切ですね。

 

 

ちなみに、ガンダム系のプラモデルなど画像検索してみると、細かい部品も多いみたいですね。ちょっとした衝撃でも、かんたんに取れたり折れたりしそうです…

 

これを無事に新居に運搬するには、いったいどうすればいいでしょうか?

 

硬いケースで外からの力に対抗&クッション材でプラモデルを固定

 

プラモデルやフィギュアなどの壊れやすいものは、ダンボール箱にそのまま入れるのは絶対にやめてください。

 

ダンボールには、いろんな力が、いろんな方向から、運搬中ずっと加わり続けます。その力が、中に入れてるプラモデルにも作用してしまって、破損の原因になってしまうからです。

 

 

ではどうすればいいかというと、まずは変形しにくい硬い箱を用意してください。プラスチック製のケースなどがいいでしょう。

 

その中にプラモデルを入れて、その箱をダンボールに入れるわけです。

 

もちろん、ダンボールには新聞紙などのクッション材を詰めてくださいね。ダンボールに加わる力をクッション材で吸収しつつ、さらに硬い箱で中のプラモデルをガードするわけです。

 

 

当然ですが、硬い箱の中にもクッション材を詰めてくださいね。新聞紙を丸めたものでもいいですし、タオルや綿みたいなものでもいいと思います。

 

箱の中でガタつかないようにするのがコツです。プラモデルの折れたり取れたりしそうな部分は、特にしっかり保護するようにしてください。

 

 

硬い箱は、できればプラモデル1体につき1箱用意すると理想的です。ちょうどいいサイズの箱を、100円ショップとか、雑貨屋さんで探してきてください。

 

ちょうどいサイズの箱がない場合は、少し大きめの箱を用意して、中をダンボールなどで分割してください。

 

その分割したスペースにクッション材を詰めて、プラモデルを1体ずつ入れていきます。とにかく中でガタつかないように気をつけてください。

 

プラモデルの入ったダンボールには「ワレモノ注意」などのシールを貼ること

 

できる限りの養生をしてプラモデルをダンボール詰めしたら、そのダンボールに「ワレモノ注意」などのシールを必ず貼ってください。

 

シールは引越し業者が無料でくれます。

 

 

引越しでは、荷物を積み込んだ作業員が新居まで運んでくれるとは限りません。

 

積み込んだ荷物はどこかで荷降ろしして、別のトラックに載せ替えて運んだりするケースがとても多いです。

 

 

私たち利用者の目の届かないところで載せ替えるので、乱雑に扱われても注意することができません。

 

せめて「ワレモノ注意」というシールを貼って、少しでも丁寧に扱ってもらえるように祈るしかありません。

 

特に大切にしているプラモデルは自分で運ぶ

 

特別に大切にしているプラモデルがあるなら、それだけは自分自身で運ぶのも検討してみましょう。

 

マイカーをお持ちなら車で運べばいいですし、近場の引越しであればタクシーなど利用してもいいですね。

 

あるいはキャリーバッグをひとつ用意して、新幹線などの鉄道で移動するのもいいかもしれません。

 

 

引越し業者は通常20万円程度の保険に入っているので、もし仮に荷物に破損があった場合には保険で金銭的な補償はしてもらえます。

 

ただし、プラモデルはお金に代えられないプライスレスな価値のあるものです。プラモデルの材料費数千円程度を補償してもらっても無意味です。

 

 

最後は自己責任みたいになってしまいますが、「自分のプラモデルは自分で守る!」という気持ちで準備してください。

 

他人に任せて後悔しないようにしましょう。

 


おすすめの見積もり比較サイト & 節約術

迷惑電話なし! 一括見積もりBEST3
引越し侍 SUUMO引越し LIFULL引越し

※引越し侍の「ネット比較」は電話なし
※SUUMOは電話番号不要

引越し業者を選ぶときは、安さと信頼性のバランスを見極めることが大切です。相見積もりをとって比較するなど、後悔しない引越しのための注意点を教えます。

見積もり比較の3つのポイント≫


見積もり比較で引越し費用を24万円安くしたときの体験談

東京→福岡の長距離引越しをしたときの体験談。いったいいくらかかるのか不安でいっぱいでしたが、価格交渉したおかげで約24万円の節約に成功しました。

我が家の引越し体験談≫


このページの先頭へ戻る